おかげさまで3回目を迎えました新月の木ツアー
今年は天候にも恵まれ、しっとり落ち着いた秋の一日になりました

壮大な自然との対面
今回の伐採場所はこれまでとはずいぶんちがって、かなりスリル満点☆
じつはこの写真、なんと伐採場所からの眺めです(汗・・・)

いよいよ本日の伐採現場に移動
あまりにも急な斜面で、安全のためロープをつたって降りていきます

伐採開始
まずはチェーンソーの使い方から・・・

予想以上にすごい音と振動でかなりの迫力です

ある程度チェーンソーできったら、
最後はいよいよ「与作〜は♪木〜をきる〜♪」
まさに生まれて初めての体験☆

この木の向こう側はまさに谷・・・
見ているほうもさすがに緊張します

  

きった木はこうして伐採した日付と名前を書きます

お昼は待ちに待った山の幸のオンパレード!

食後は樹齢  年
県の天然記念物の  杉を見学

とにかく大きい!

たぶんこの足元のした、地面の中も木だと思います

次は、葉がらし後に山から出てきて天然乾燥中の木を見学

製材後、さらに天然乾燥中の木

工場内にて・・・
かんなくずのプールです☆

天竜の山の皆様、今年も本当におせわになりました。
ありがとうございました!!

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆こちらは、2007年10月27日・昨年のツアーの様子です




この日は、まさに「バケツをひっくりかえした・・・」、朝から嵐のようなお天気。
お子さまも同行のツアーで一体どうなるのかドキドキのスタートになりました。
現地に到着。

今回はちょうど、車をおりてすぐの山での伐採。
(ふつうは途中から車が入れない山道になり、車を降り歩いて登ります)
山の中にはいると心配をよそに、急に雨足が弱まり・・・あれ???・・・
そうなんです!山の特性をあらためて体験。
山の木々、葉が、覆っているため、雨をふさいでくれていたのです。
おかげで、足元は不安定ながら、伐採スタート!
    
チェーンソーでいよいよ伐採開始。伐採する木は樹齢80年以上の木のみ。
この木は樹齢90年です。

あたりに感じたことのない静けさが広がります。
    
ご家族でのご参加。
    
自分で伐った木に名前をかきました。あたらしいお家にやってきます。
  
昼食は、あいにくの雨模様のため、工場内にて。
ここでは、山で伐った木が長い月日をかけて天然乾燥され、いくつもの工程を経てやってくるまでがよくわかります。
昼食はもちろん山の幸づくし♪空気も水もきれいだからでしょうか・・・本当に美味しすぎです!
工場内には、お外で遊べないお子さまたちに用意されたお砂場ならぬヒノキ場☆
い〜い香りです♪
初めての雨ツアーでしたが、「雨は清める」というだけあって、緑もさらに濃く。
目にも体内にも、全身いっぱいにマイナスイオンを浴びた一日でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆こちらは、2006年10月21日・第1回のツアーの様子です

   




 
            
絶好の秋晴れの中、新幹線に乗って静岡県天竜市まで産地ツアーに行ってまいりました。
初めての企画ということもあって、ドキドキでしたが本当にすばらしい最高に楽しい一日を過ごさせていただきました。
お楽しみイベントとして、じつは・・・
お子さまを含む参加者みなさまに実際に木の伐採をおこなっていただきました。
今回は樹齢80年の木と、樹齢120年以上というなかなかお目にかかるのも大変な杉の木も
山の持ち主・大石さんのご好意により伐らさせていただきました。

    
    
昼食には地場のしいたけ・いのしし汁、アマゴの炭焼きと山の幸を堪能しました
(しいたけ、アマゴはもちろんですが、いのしし汁は絶品で「猪の肉がこんなにやわらかくくさみが全然ないのは
初めて!」と参加者の方々、皆びっくり☆お料理をいただいた山の奥様方の腕前には脱帽でした)
    
昼食の後は伐採後、葉枯らしを半年以上終えた木が、今度は山から運び出され、伐採日をきちんと履歴し、さらに天然乾燥をする場所を視察しました。ここでさらにじっくり半年以上乾燥させます
    
ツアーにご参加いただきましたみなさんのご感想
・実際に木を切った経験は本当に得難い経験でした。木の倒れる瞬間はまぶたに焼きついています。
山仕事の大変さも想像を越えたのもだという事がわかりました。日本の未来がかなりリアルに不安になりました。   
・すごい!!の一言につきます 
・木が倒れた瞬間、目の前で花火がどーんとあがったような、今まであじわったことのない凄い生命の音でした。
『新月の木』一般ではまだまだ聞かれないこの木。
丈夫で安心な住まいの一番最初の始まりの材料・・
最上級の材料にするために、じっくり手間と時間を惜しむことなくたくさんの人の想いがこめられてつくられた木。
日本の木がすべて人口乾燥を一切行わない、天然乾燥での取扱い方にもどれば(昔はこのやり方が当たり前でした)、深刻な地球環境問題に大きくストップをかけられるひとつになります。
・木の芯までしっかり頑丈
人口乾燥=急激に熱を加え乾燥・・・お料理と同じ表面は焦げて中はパサパサ
天然乾燥=太陽でじっくり乾燥・・・しっかり中まで素材を壊さず火が通る
・虫がつきにくい(木の中の虫がくる原因・養分が新月伐採によってかなり少ない)=だから防虫薬品を
使用しなくて良い
エコ・環境問題、各地で取り上げられている今、野上工務店ではお客様にとっても丈夫で安心、しかも同じ建物なのに地球にも良い、この新月の木を積極的に住まいに使用していただきたいと願っております
朝早くからご参加いただきましたみなさま、本当にありがとうございました!
何かご質問などございましたら、メール・FAX・お電話にてお気軽にご連絡ください


野 上 工 務 店

お問合せは、お電話、メール、FAXにて!   TEL 03-3841-1421
FAX 03-3841-7184

 

 

 

閉じる